#

 第8回開催

 2018/7/21(土)

 15:00~17:30

 明治大学 駿河台キャンパス

#
図書紹介
効かない健康食品 危ない自然・天然

『効かない健康食品 危ない自然・天然 』

松永 和紀 著
光文社新書

お母さんのための「食の安全」教室

『お母さんのための「食の安全」教室』

松永 和紀 著
女子栄養大学出版部

もうダマされないための「科学」講義

『もうダマされないための「科学」講義』

松永 和紀  他共著
光文社新書

食の安全と環境「気分のエコ」にはだまされない

『食の安全と環境「気分のエコ」にはだまされない』

松永 和紀 著
日本評論社

メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学

『メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学』

松永 和紀 著
光文社新書

第8回明治大学科学コミュニケーション研究所サイエンスカフェ

日本で科学ジャーナリストって食える? 食えない? 科学ジャーナリズムの現状と課題を考える(話題提供:松永 和紀)

 

血液型性格を信じる人々:一般人から学者まで ●SNSで流言 へぇ~そうなの??誰が言ったかわからいけど~ちょっと盛っちゃおう
●自然至上主義 人の手を加えていない物こそ本来の価値が・・アレ・・本当に安全、安心?
●数ある論文の中から、都合の良いものだけをピックアップしてストーリーに。どうせ消費者にはばれないし・・・

 興味を引くインパクトのある記事を出せば、雑誌は売れジャーナリスト、評論家も儲かる。しかしその中身は間違いだらけ。情報に振り回され続ける市民・消費者の行く末は……。
 日本における科学と社会の関係の現状や課題、科学ジャーナリズムのあり方、情報の見分け方などについて、食品の安全性や遺伝子組換え技術などに関する報道を通して考える。

講師紹介

松永 和紀
フリーランスの科学ジャーナリスト

 

京都大学大学院農学研究科修士課程修了(農芸化学専攻)
新聞社の記者として10年勤務
2000年からフリーランスの科学ジャーナリストとして活動

2008年 日本科学技術ジャーナリスト会議の「科学ジャーナリスト賞」受賞
農業誌、生協広報誌等で連載しているほか、経済誌、ウェブメディア等でも執筆。
生協、自治体等から依頼を受けての講演も多数。

 

主要著書

「メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学」(「科学ジャーナリスト賞」受賞)
「食の安全と環境「気分のエコ」にはだまされない」
「もうダマされないための「科学」講義」
「お母さんのための「食の安全」教室」
「効かない健康食品 危ない自然・天然」
 他多数

松永和紀

 
 

開催日時

■ 日時:2018/7/21(土) 15:00~17:30

■ 場所:明治大学 駿河台キャンパス グローバルフロント17階 C5会議室

■ ※こちらのキャンパスマップをご参照下さい。
  http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html

■ 参加費:無料

■ 定員:23名

■ お申し込み:多数のお申込みありがとうございました。

 


大きな地図で見る

 

明治大学科学コミュニケーション研究所は、科学的言説に関する表現およびその理解の研究を、とくに擬似科学言説を含むメディア広告の現状と課題解決、心の科学の基礎論研究を研究しております。>> サイエンスカフェ|科学コミュニケーション研究所|明治大学

 
 


TOP